隣家のAさん

fc2-0010.jpg


静かな住宅街のなかに建つ…ある家の2階。
その場所でいま一人の女が変身をしようとしている。

日曜日の朝…。
窓際に立ち自ら衣服を脱ぎ全裸で立っている。
その様子を夫が確認しさらに言葉で嬲っている。

妻の心の中にもう一人の妻が存在し…自身の今現在の姿をおそらく俯瞰的に見ているだろう。
もしかしたらそれ以上の変態な姿を想像しているかも…。
妻の心を正確に推し量ることはできないが否定的な様子ではない。

朝日に照らされた妻の裸身。
美しい!
白い肌がより一層白く輝いて見える。

体型は年齢相応にポッチャリしてきたが…それがまた熟女としての魅力を発信している。
匂い立つ妻のボディ。
男心をくすぐられる。

僕はそんな妻の裸身を見つめながら…お隣の旦那さんの顔を浮かべた。
仮にその旦那さんをAさんと呼ぼう。
Aさんは会社を数年前に退職しいまは悠々自適な生活を送っている。

他人様の懐具合は分からないが…Aさんは外国製の高級車を所有し家族でよく旅行に出掛けている。
そのAさんと僕たちは隣家ということで親しくさせてもらっている。
Aさんが旅行へ行くとほぼ毎回…お土産をわざわざ買って来てくれる。

そんなAさん夫妻と半年に一度程度定期的に…夫婦4人で飲み会を開催してさらに親睦を深めている。
何一つ不満のないお隣さんなのだが…。

ある時の僕の家で開催したAさん夫妻との飲み会。
次の日、仕事が休みということもあっていつもにも増して酒量が増えていた。
時間も日付が変わるシンデレラタイムに近くなっていた。

女性たちは先に休みAさんと二人。
Aさんはかなり酔っていたが悪酔いという感じではない。
そんな時、Aさんは自身のスマホを取り出して僕に見せるように顔の前に持って来た。

視線は自然とスマホ画面へ…。
そこに映っていたのは見知らぬ女性が屋外で全裸になっている画像。
撮影した場所は見晴らしのいい海の見える高台。

さらにAさんは画像を変えた。

今度はAさんが所有している車と思われる車内で女性が全裸で縛られている画像。
画像を進めるとその女性が縛られたまま車外へ連れ出され屋外で放置されている姿。
動画もあり…Aさんの男根だろう女性は喉の奥まで咥えさせられ嗚咽をしながらも奉仕している。

fc2-0011.jpg



Aさんは画像を見せながらご満悦な表情を浮かべ…「こんな趣味があるのですよ」
「いつかはお見せしようと思ってました…」
「軽蔑しましたか?」

と突然に言われても不自然な笑顔で返すしか余裕がない。
ただ心の中では…「バッティングしたな~!?」と舌を出していた。
Aさんへ「奥さんとはこんなことしないのですか?」と聞いた。

「はい妻は知りません」
「そうなんですか…」
「軽蔑はしません 趣味なのですから他人に迷惑を掛けなければ自由にやっていいと思います」

Aさんは僕からの返答に自身の性癖を肯定されたと理解したのだろう満面の笑みを浮かべた。

あれから数か月が経過した今日…。
僕はAさんの後を追っている。
そう思っていたのは僕だけだったのかも…。
Aさんがあの時に自身の性癖を僕に明かした本当の意味が分かる時が来る。
スポンサーサイト
[PR]

確かめる…。

fc2-0007.jpg

妻からの告白を受けて…僕は妻をM女にすることが二人の人生を豊かにして…夫婦の絆を強めることだと確信した。
僕の腕のなかにいる妻は普段と変わらない表情で僕を見つめ…唇を重ねて来る。
夫婦には日常のシーン。

だけどこのシーンに彩を添えて…僕たちの周りにあるもの全てをエロなことに活用する。
日常のなかの非日常?
違う違う…今日からは非日常が日常になるのだ。

分水嶺の日からしばらく時間が経過した。
二人の仕事が繁忙期になり…現場仕事も手伝わなければならなくなり帰宅時間はバラバラで深夜になることも多くなっていた。
お互いの仕事の忙しさを理解しているので夜のお楽しみは休戦状態。

そんな中でも一つの布団に入り…どちらが先に寝ていても手を繋いで体温を感じ、安心して寝ている横顔を見ていると幸せを感じられた。

季節が一つ移り変わる頃になると…仕事も落ち着き帰宅時間も早くなった。
時間に余裕が生まれると考えることはエロなこと。
妻を改造(調教)しなければ…。

妻の気持ちが本当か…あれから時間が経ったが変化がないか確かめよう!
初夏の日差しが窓から差し込んでくる日曜日の朝。
先に起きて朝食の準備を終えた妻を2階へ呼んだ。

「ねぇここへ呼んだ理由分かる?」
「なんとなく分かります」

「なんとなく…分かるんだ」
「はい」

「Tは僕の妻だけど…いまからは僕の指示に従う女になるんだ」
「出来るかな?」

「はい…出来るようになります」
「出来るようにして下さい」

「覚悟は出来ているようだね」
「じゃ…いまから始めようか」

「窓際に立って」
「そこの場所で裸になろうか」

「………」
「早くしようよ」

妻は窓際に立ち眼を閉じて顔を横に振りながら服を脱いでゆく。
まさか自身の家の中でこんなことをされるなんて想像してなかったと思う。
窓の外は行き交う人が多く…向こうから覗こうと思えば簡単に家の中の様子が見える。
2階の部屋だけど…安心はできない。

さらにお隣さんの家から家族の会話が聞こえて来ている。
外は日曜日の普段の生活が送られている。

やがて妻は産まれたままの姿になった。

fc2-0008.jpg


妻の覚悟は本物!

「外から見えるかも」
「恥ずかしね」

僕は全裸の妻へ意地悪な言葉を投げ掛けた。
妻は体をくねくねさせながら意地悪な言葉に反応している。

fc2-0009.jpg

告白

fc2-0005.jpg


仕事のことで凹んだ気持ちの時や…イライラして感情のコントロールが上手く制御できない時に…日常に戻った妻の姿は僕の心を平穏にしてくれる特効薬だ。
もしかしてあの時…悪い方に転がっていたらいまの生活は無かった。
そう思うと僕の心の多少のつまずきなんて…取るに足らないことだ!

以前にも増して妻への愛情が高まり…妻を求めることがほぼ毎夜になった。
休日にはまだ寝ている妻の下着を脱がせ…ベッドに潜り込み下半身をクンクンと犬のように匂い…脚を左右に拡げ女である証拠の部分に舌を這わせ陰核を刺激する。

妻の口から吐息が漏れる…。

もっと感じて!
もっと濡らして!
もっといやらしくなって!

妻の吐息が次第に大きく速くなってゆくのが嬉しい…。
妻の吐息が僕の心のアクセルとなり舌が激しく上下・回転運動を繰り返す。
妻は僕からの攻撃?に必死に耐えているように左右の腕を拡げ布団をしっかりと捕まえている。

まだ逝っちゃダメ!

僕は妻の下半身からいったん離れ…妻の体を裏返す。
目の前には妻の豊満なお尻が無防備に晒された。
自画自賛ではないが妻のお尻は芸術品。

白くて丸くて…とっても綺麗!

そんなお尻の割れ目に僕は顔を近付けゆっくりと舌先で舐める。
朝のお尻…。
少し汗ばんだ匂いが臭覚を刺激する。

嫌な匂いでなく性衝動を一層刺激してくれるフェロモン。

妻のお尻は安心して堪能することが出来るお尻。
妻も尻フェチな僕の性癖を理解してくれていて清潔にしてくれている。
でも僕は日常のなかで妻を襲って…あるがままのお尻を堪能したいと密かに妄想している。

僕は舌の先を尖らせ…お尻の割れ目の奥に鎮座している部分に触れる。
妻から吐息が…。
さらに舌を奥に進め舌を入れたり出したりして刺激を加える。

妻はお尻でも感じているようで吐息が一段と激しくなる。
僕の舌先はお尻の括約筋を突破してその奥へ進んでいる。
妻の体が小刻みに震えはじめた。

やがて小刻みに震えていた妻の体が静止し…お尻の括約筋が緊張を増し僕の舌は体外へ押し出された。
妻の口から頂点に達した…言葉にならない言葉が漏れた。

fc2-0006.jpg


お尻で逝った妻…。
新しい発見!
以前ならお尻は消化器系の最終器官で性の対象ではなく…触れることさえ拒否していた妻。

そんな妻がお尻という性の快楽のパーツを手に入れた。
僕は願ったり叶ったり!
妻の耳元で「お尻気持ち良かった?」
小さな声で聴いてみる。

脱力状態?
放心状態?
うつろな状態の妻から…。

事故にあって入院していたときに夢を見た。
体を動かせないようにされている私…。
私の周りには複数の男性がいた。

男性たちに服を一枚・一枚…脱がされその度に撮影されている。
最後に下着はハサミで切られ全裸姿に。
男性たちも裸になり私の体のあちこちに触れてくる。

私は抵抗しようとしても手足を縛られていて…口には猿轡。
一人の男性が私の体内へ男根を挿入してきた。
そんな状況なのに私のあそこは潤いタップリ!?

「なんだしっかりと濡れて…感じているじゃん」
「こんな姿にされて嬉しいのだろう」
「本当は変態で淫乱な女」

次々と私を嬲るような言葉が男性たちから浴びせられる。
それなのにその言葉の一つ一つが心地よさをもたらせてくれるのは何故?
「もっと言ってもっと苛めて!」

その夢はそこで終わった…。
眼を開けると病室の天井の灯りが飛び込んできた。
夢だったんだ…。

なのに私のアソコは下着を濡らしていた。
それも履き替えなければならないほどに濡れている。
なに?
私は変態?

その夢を見てからSMってどんなものなのか興味が沸いて来たの…。
あなたにさえこんなことは言えなかった。
でもあの夢の中での快感は強烈。

現実に体験したら私の意識はぶっ飛ぶのかな。
妻は私の男根をまさぐりながら告白した。

妻が大好き!

0034.jpg


私たち夫婦はSEXレスの期間が10年続いた。

お互いに精神的・肉体的に嫌いになったわけでもなく夫婦(男と女)の関係は良好。

だけどエッチはなくなっていた。

10年の時間…子供は成長し巣立った。
私たちも職場ではポジション的に現場から離れデスクワークが中心となり定時退社ができるようになった。
真っすぐに帰宅すると妻も先に帰っていることもある。

そんな平凡な日々の中で妻にアクシデントが発生。
仕事からの帰宅途中に横断歩道を渡っていた時に車が突っ込んで来て約10メートル跳ね飛ばされた。
救急車で病院へ搬送された時には意識がなく緊急手術となり一命を取り留めた。

私は病室のベッドに横たわる妻の顔を見ながら涙が溢れ出て来て止まらない。

もっと大切にしてあげたら良かった!
もっと優しさで包んであげたら良かった!
もっと愛してあげたら良かった!

後悔先に立たず…。

妻が日常生活に戻れるまでには事故から1年の時間が必要だった。

無事に返って来てくれた妻と久しぶりに一緒に風呂に入り抱擁を交わした。
男と女になり全裸のまま寝室へ行き妻を抱いた。
10年振りに妻の熱く潤んでいるアソコへ男根を侵入させ粘膜の触れ合いを味わった。

蘇る快感!
気持ちいい!

我慢の限界を迎え妻の体内へ子孫の種にあふれた液体をぶちまけた。

0037.jpg


ベッドの上で呼吸を整え、私は妻を引き寄せて今までのことを話し謝罪した。
妻も同じことを思っていたらしく 「一緒にこれからもお願いします」と返答があった。

私は冷蔵庫からビールを取って来て1本妻に渡し二人で乾杯!
いまのタイミングでのビール…。
最高!
幸せな瞬間!

やっぱり妻が大好きだ!